模擬試験

 

DCA2級資格 模擬試験 セットA


択一問題です。全ての問題に回答すると、ただちに採点されます。

回答していない問題が残っていると、採点されません。


※プールされた問題の中から、ランダムで20問が出題されます。

iコンプライアンスプログラムを導入するメリットに該当しないものはどれか。
送受信が法律に違反する情報を「違法情報」、送受信が法律に違反しないものの閲覧者に害を及ぼすと思われる情報を「有害情報」とするとき、次の説明のうち正しいものを選べ。
以下の文中のA、Bに入れる語句の適切な組合せはどれか。

リスクマネジメントの規格であるJIS Q31000:2019では、リスクマネジメントのプロセスについて規定されている。その中で、デジタルコンテンツアセッサの実務として特に重要なのは「リスクアセスメント」のプロセスであり、「リスク特定、「リスク[ A ]」、「リスク[ B ]」の3つのサブ・プロセスに分かれている。
クリエイティブ・コモンズという語句の解説として、次のうち正しいものはどれか。
有害情報の特徴の説明として、正しいものはどれか。
著作権法に照らして適法な行為はどれか。
以下に示す権利のうち、他者に譲渡できるものはどれか。該当するもののみを全て列挙した組み合わせを選べ。
 公衆送信権、公表権、貸与権、同一性保持権、複製権
次のうち、JISによるリスクの定義や説明に合致するものはどれか。
プライバシーマークが付与される事業者等についての説明として正しいものはどれか。
インターネット上の有害情報のコントロールの手法としての「ブロッキング」に関する説明について、次のうち正しいものはどれか。
「要配慮個人情報」として法令で明記されていないものは、次のうちどれか。
インターネット上で何らかのサービスを提供する際、サービス提供事業者はユーザーに利用規約の遵守を求めることができるが、利用規約に記載しても法的な効力が生じない内容 は、次のうちどれか。
次のうち、JISによるリスクの定義に含まれる語句はどれか。
コンピュータ上の情報の不正利用を規制する法律に関する説明として、誤っているものを選べ。
以下に示す語句について、同一の法律の条文の中で定義されているものの組み合わせとして、正しいものはどれか。
 アクセス管理者、個人識別符号、自動公衆送信、特定サーバー管理者、特定電気通信役務提供者、発信者情報
コンテンツの有害成分について、その有無を判断することを何と言うか。
権利侵害情報による被害者から訴えられた際、プロバイダ等が「プロバイダ責任制限法」によって民事責任を負うのは、どの場合か。
不正アクセス禁止法の条文の中で、次のうち、フィッシング(なりすまし)に対する規制を定めているのはどれか。
以下に示す語句のうち、個人情報保護法の条文で定義されているものはどれか。該当するもののみを全て含んでいる組み合わせを選べ。
 仮名加工情報、個人情報取扱事業者、個人データ、肖像権、発信者情報開示請求、不正アクセス行為、要配慮個人情報
ソーシャルメディア上での炎上と呼ばれる現象について、次のうち正しい説明はどれか。
DCA2級資格 模擬試験 セットA
正解数 {{userScore}} / {{maxScore}}
{{title}}
{{image}}
{{content}}

DCA2級資格 模擬試験 セットB


択一問題です。全ての問題に回答すると、ただちに採点されます。

回答していない問題が残っていると、採点されません。


※プールされた問題の中から、ランダムで20問が出題されます。

以下に示すデジタル・コンテンツの権利のうち、登録などの特段の手続きをしなくても主張できるものはどれか。該当するもののみを全て列挙した組 み合わせを選べ。
 公衆送信権、氏名公表権、商標権、実用新案権、上演権、著作隣接権、特許権
プロバイダ責任制限法に関する説明について、次のうち正しいものはどれか。
「特定サーバー管理者」に関する法律上の規定について、次のうち誤っている説明を選べ。
プロバイダ責任制限法が定める、不特定の者によって受信されることを目的とした電気通信の送信である「特定電気通信」の対象として、正しいものはどれか。
インターネット上のデジタルコンテンツの管理について、次のうち正しい説明はどれか。
次のうち、JISによるリスクアセスメントのプロセスに含まれないものはどれか。
青少年インターネット環境整備法が、青少年の保護者に課している義務はどれか。次のうち、正しいもののみを全て列挙している組合せを選べ。
a 青少年が使用する情報端末の閲覧履歴を監視する義務
b 青少年の年齢を正しく申告する義務
c フィルタリングを有効化する措置を講じる義務
d フィルタリングを容易化する措置を講じる義務
インターネット上の情報のコントロールの仕組みの説明として、次のうち正しいものはどれか。
青少年のインターネット利用に関する事業者に対して、法律が責務として挙げていることは、次のうちどれか。
以下に示す語句について、同一の法律の条文の中で定義されているものの組み合わせとして、正しいものはどれか。
 仮名加工情報、携帯電話インターネット接続役務提供事業者、個人識別符号、自動公衆送信、肖像権、青少年有害情報、著作物、特定サーバー管理者、特定電気通信役務提供者、発信者情報、不正アクセス行為
次のうち、正しい説明はどれか。
次のうち、JISによるリスクの定義に含まれる語句はどれか。
インターネット上で受発信される情報の違法性や情報のコントロールの違法性に関する説明について、次のうち正しいものはどれか。
ソーシャルメディア上のインシデントに関する説明として、最も適切なものはどれか。
インターネット上の違法情報に含まれないものはどれか。
以下は、著作権を侵害するデジタルコンテンツの蔓延を防ぐための施策である。これらの施策について、わが国の法規制の状況や経緯を正しく説明したものはどれか。
a 違法ダウンロードに対して、法律で刑事罰を科す
b 音楽・映像以外のデジタルコンテンツについて、違法と知りながらダウンロードすることを法律で禁止する
c 音楽・映像のデジタルコンテンツについて、違法と知りながらダウンロードすることを法律で禁止する
d 著作権侵害コンテンツを含むストリーミング型サイトの閲覧を法律で禁止する
わが国の著作権法について、次のうち正しい説明はどれか。
企業組織が目的達成において直面する「リスク」の説明として、JISの定義に照らして正しいものはどれか。
匿名加工情報に関する説明として、次のうち誤っているものを選べ。
「通信の秘密」の説明として適切なものを選びなさい。
DCA2級資格 模擬試験 セットB
正解数 {{userScore}} / {{maxScore}}
{{title}}
{{image}}
{{content}}